イライラをドキドキに変える!旦那さんとの愛を復活させるテクニック

イライラの理由は?

ラブラブだった時代は今いずこ…というほど、旦那さんに対して毎日イライラしてしまうというケースが目立ちます。とくに子育てにも忙しい30代の主婦は、育児の方針や家事の配分などを巡ってバトルをする機会も増えてくるといいます。お互いをフォローし合う家族としてうまく機能していないことで、イライラが募るようです。

旦那さんの嫌なポイントベスト3

男女
no.1

手伝わない

家事や育児を任せっきりにしているところがダメという意見が多いです。

no.2

上から目線

何もしないのに、言うことだけは偉そうでムカつくというケースが目立ちます。

no.3

存在感

末期になってくると、姿が目に入るだけでも嫌という状態になるようです。

イライラをドキドキに変える!旦那さんとの愛を復活させるテクニック

カップル

関係性の変化

結婚して一緒に生活をしていくと、関係性は変わっていくのが当然です。恋人から夫婦へ、子供が生まれればパパとママになります。うまくシフトできないことで、結婚生活がほころび始めるきっかけとなります。

男女

気持ちに気づく

旦那さんに対してイライラするということは、まだ気持ちがあるということです。完全に冷めていれば、感情が沸き上がることもないでしょう。前向きに捉えて、関係修復を努めることを始めてみるといいはずです。

ハート

解消方法は

ストレスが溜まっていることで、慣れ親しんでいる旦那さんに発露しやすくなっているだけかもしれません。ママ友や女友達と憂さ晴らしでお出かけしてみるといいでしょう。カラオケやお酒など、独身時代を思い出して思い切り楽しんでみてください。

男女

冷静になろう

他にも買い物やエステなど、自分へご褒美をあげることでストレスは消えていくはずです。その状態であれば、旦那さんに対してもイライラすることなく、反対に感謝の気持ちが芽生えてくるかもしれません。自分自身でリセットする方法を見つけて実践することで、一番近い相手に優しく接することができるようになるはずです。あまりにも近い存在になり過ぎていることで、感情をぶつけやすくなりますので、適度な距離感をもって生活するようにしてみましょう。そうすれば、以前のようなフレッシュな気持ちが再び甦ってくるかもしれません。

自分を見つめ直すことが大切!

旦那さんともう一度ラブブラ状態に戻りたいなら、ストレス発散を心がけて自分自身の問題を解決することから始めましょう。

広告募集中